中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >  中古機械を少しでも高く売るコツ
中古機械を少しでも高く売るコツ

ご自身が大切に使ってきた中古機械を売却する際は、少しでも高値で売りたいと思うものです。こちらでは、中古機械を高く売るための方法を、いくつかお教えします。分かりやすくお伝えしますので、機械の買取を検討されている方は、参考にして頂ければと思います。


新しいうちに査定を

機械は、年々、新しいモデルが発売されています。そのため、製品の価値が下がるスピードも大変早いです。
一般的には、製造されてから年数が経つにつれて、市場価値は下がっていきます。従って、高く売りたい場合は、なるべく早めに査定の依頼をすることをおすすめします。


傷・汚れ・動作の不具合

次に大切なのは、傷や汚れの有無です。溶接機は、過酷な環境で使用する場合が多く、よく確認してみると、小さな傷や汚れが見つかります。傷や汚れが目立ちますと、どうしても買取価格に影響してきます。落とせる汚れであれば、事前に掃除を行っておくのも、査定額を上げる1つの方法です。また、中古機械で重要なのは、動作の不具合の有無です。故障箇所や修理歴がある場合は、必ず事前に把握した上で、査定をご依頼ください。


綺麗な状態を保つ

大切に使われてきた機械は、見た目が綺麗で印象が良く、クリーニングの手間も短縮出来ます。たとえ故障した機械であっても、買取ができる可能性があります。逆をいえば、どんなに新しいモデルでも、埃まみれで放置されていた製品は、故障している可能性が高いものです。大事に使用してきた機械を売却する前は、愛情を持って綺麗にしておくことをおすすめします。


諦める前にご相談ください

「こんなに古いのだから」「壊れているから」といって、大した値段がつかないと諦める前に、まずは弊社にご相談ください。思った以上の高価がついて、買取額がアップする場合も、多々あります。大阪に所在する弊社では、中古溶接ロボット買取・中古工作機械買取・中古板金機械買取など、様々な機械買取を承っております。皆様からのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

ページトップへ