中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >  工作機械の歴史
工作機械の歴史

工作機械の歴史をお話する前にまずは、工作機械がどういうものなのか考えてみます。工作機械とは、機械をつくる機械のことを指しています。この工作機械のおかげで、私たちが普段から使う機械の大量生産が可能になるのです。こちらでは、工作機械の起源や世界における工作機械についてご紹介いたします。


工作機械の起源

今見られる近代的な工作機械のほとんどが、19世紀後半までにその基礎が築きあげられたといわれています。産業革命の推進力となった蒸気機関や紡績機械を製造する必要性から、イギリスでの発明を皮切りに、米国などの欧米各国で独自の工作機械が次々と発明されるようになりました。


日本の工作機械

日本の工作機械は、米国で開発されたNC技術の応用開発を早急に取り組み、積極的に導入へとつなげました。その結果として日本の工作機械は性能面からも世界から高い評価を得られるようになりました。それにより、これまで世界最大の工作機械生産国であった米国を抜いて生産額で世界のトップになったのが1982年です。その後、躍進的な経済発展を遂げた中国での需要も高まり、生産額を更に伸ばすことができました。現在に至るまでの経緯にはリーマンショックや震災があり、落ち込みはあったものの、工作機械の需要と供給は息を吹き返しつつあります。


米国の工作機械

日本よりも数十年も早い時期から工作機械産業に力を入れていました。NC技術を使った工作機械を世界で初めて開発したこともあり、工作機械の生産・消費・技術とあらゆる分野において、群を抜いていました。しかし、普及率を考慮すると日本や欧州に遅れをとることになってしまいました。しかし、アメリカは宇宙や航空機などの分野においては今現在でも高い技術力があることは誰もが認めているところです。


工作機械は、産業の発展と共に成長してきました。今後も工作機械の発展と成長は多くの人々に快適な暮らしと豊かさを与える源として期待が持てます。弊社は、大阪を拠点として中古機械買取、中古溶接ロボット買取、中古工作機械買取、中古板金機械買取などの様々な機械の買取を承っております。工作機械の件に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ