中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >  中古機械の査定ポイント
中古機械の査定ポイント

弊社ではレーザー買取やシャーリング買取など様々な中古機械の買取を行っていますが、中古機械の買取価格の決定には共通の査定ポイントがあります。機械の買取を希望される方は、ぜひこの査定ポイントを覚えておいてください。


メーカー

有名なメーカーの中古車や人気ブランドの古着が高く売れるのと同じように、中古機械も有名なメーカーの方が高く査定されます。アマダやオークマなど有名なメーカーはブランドイメージが良く、アフターサービスや部品の供給体制がしっかりしているため、他のメーカーよりも高く売ることが出来ます。また、日本の機械メーカーは海外からも高い評価を得ているため、海外での需要も高いです。


型式

機械にはそれぞれメーカーが名づけた型式があります。過去にベストセラーとなった型式は需要が高いため査定額が高くなります。多少古い機械でも人気の型式であれば高く売れることもあるので、古い機械の処分にお困りの方もお気軽にご相談ください。


年式

年式は中古機械の査定において非常に重要なポイントとなります。中古機械を扱う業界では、1989年以降の機械を平成ものと呼んでおり、国内で再販出来る可能性が高いため査定の評価も高くなります。
逆に1988年以前の機械は国内での再販が難しく、査定額が安くなってしまいます。


種類

機械の種類によっても査定額に差が出ます。稼働する際、水を大量に使用する機械は他の機械よりも故障のリスクが高くなるため、査定では不利になることが多いです。

その機械でないと出来ないという用途が限定的な機械は、高額査定になる可能性が高いです。


バンドソーやプレス機など中古機械の買取なら、弊社へお任せください。弊社ではアマダ・大日・オークマなど様々なメーカーの機械を買取しております。無料で見積りを行っているのでどなたでもお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ