中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >   >  中古機械・フライス盤の種類と、買い取りしてもらう時のポイント

中古機械・フライス盤の種類と、買い取りしてもらう時のポイント

フライス盤にはどういった種類がある?

フライス盤にはどういった種類がある?
フライス盤は平面のほか、曲面、ねじ、溝、歯車などさまざまな、また複雑な形の切削ができる工作機械の一つです。
フライス盤の特徴は、0.01mm単位の非常に精密な作業もできるという点です。
フライス盤はヘッドを動かす際の方式やテーブルを動かす際の方式などによって種類分けがされています。
立形フライス盤はそのうちの一つです。
ベッドが垂直方向になっている種類のもので、主軸頭が切り込み運動をして、テーブルが前後左右に動くベッド形、主軸頭が固定されたヒザ形、さらに主軸頭が前後に動くラム形という種類があります。
ヘッドが水平になっている横形フライス盤は、溝入れ加工や切断加工、深穴加工にお勧めの種類です。
門形フライス盤は、自動工具交換装置が搭載されている複合機が多いです。
横形、立形、門形をしたフライス盤もあり、5面の載せ換えをすることなく加工できるという優れものです。

中古機械を高く買い取りしてもらうポイント

中古機械を高く買い取りしてもらうポイント
フライス盤などの工作機械は価格が非常に高額なため、中古機械を購入するケースも多いです。
そのため、需要や使用年数によっては中古でも高額で買い取りをしてもらえる可能性があるので、使わなくなったものは買い取りをしてもらうといいでしょう。
買い取り価格は、需要、耐用年数、希少性などによって決まることが多く、特に希少性の高い中古機械についてはリサイクル業者ではなく、工作機械を専門に取り扱っている業者に買い取りをしてもらったほうが、より高い値段がつくでしょう。
また、種類によっても、買い取り価格はかわります。
中古工作機械の買い取り価格は使用期間によって決まることが多いので、駆動履歴などがあった方が、正確な査定をしてもらえるでしょう。
それほど使っていない工作機械でも、年数が経ってしまうと買い取り価格が下がってしまうことも多いので、必要がなくなった工作機械は早めに売却することをお勧めします。