中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >   >  溶接ロボットを機械買取してもらう際のポイント

溶接ロボットを機械買取してもらう際のポイント

溶接ロボットとは

溶接ロボットとは
溶接は高熱と紫外線、ヒュームを発生させる過酷な作業ですが、物づくりには欠かせないため、溶接ロボットの需要が高くなっています。
溶接ロボットには主に、スポット溶接とアーク溶接を行う2つの種類です。
また、数は少ないですが、レーザー溶接やガス溶接を行うものがあり、スポット溶接は比較的、大型な溶接ロボットが用いられ、自動車の車体溶接ラインなどでよく使用されます。
アーク溶接ロボットは、小型なものが多く、溶接部分を水平に保つ必要があるため、ワークを保持するポジショナーなど周辺設備が大きくなり、建設機械や鉄骨フレームなど様々な溶接に使用されているのです。
溶接ロボットのメリットは、作業の標準化やミス防止でしょう。
また、長く使うことで人件費や資材の削減になることや、スピードアップ、生産管理の効率化、稼働率向上などたくさんのメリットがあります。
そのため、溶接ロボットを使用している企業も多いのではないでしょうか。
さらに、事業を辞める人や、新しい溶接ロボットの購入を検討している人も多くあるはずです。

使用しない溶接ロボットは売却しよう

使用しない溶接ロボットは売却しよう
溶接ロボットを機材買取に出す場合、リサイクルショップなどで売却するのは困難です。
そのため、機材買取専門業者や、電動工具の買取を行っている業者に売却しましょう。
リサイクルショップなどでは専門知識がある人がいない場合が多いため、溶接ロボットの正しい価値を判断し、査定することができません。
機材買取専門業者や、電動工具の買取を行っている業者であれば、知識があるため、使用年数や状態など隅々まで確認し、適正な買取価格を提示します。
査定価格が、素人や通常のリサイクルショップでは難しい溶接ロボットですが、機材買取専門業者や電動工具の買取業者に売却すれば安心できるのではないでしょうか。
価値が知りたい人や買取価格によって売却を考えたい人は一度、査定に出してみてください。