中古機械・工具の買い取り・販売のことなら、創業50余年の神鋼商会まで
 >   >  便利な鉄筋カッターの機械買取のポイント

便利な鉄筋カッターの機械買取のポイント

不要な鉄筋カッターは機械買取に

不要な鉄筋カッターは機械買取に
不要になった鉄筋カッターを持っている人もいるのではないでしょうか。 鉄筋カッターとは、鉄筋を切る機械ですが、使用していない鉄筋カッターがある場合は、機械買取に出すのがおすすめです。 鉄筋カッターの機械買取のポイントを知っておきましょう。 最も大切なポイントは、電動で鉄筋が切れることです。 有名なメーカーや商品に関係なく、現場で使用できる鉄筋カッターの方が価値は高くなります。 また、切れる大きさもポイントの一つです。 13ミリ、16ミリと切れる大きさが大きいほど機械買取における価値が高くなる傾向にあります。 新しいもの買い換えようと検討している人は、十分に使用できる状態で機械買取に出しましょう。 現場で使用できない鉄筋カッターは機械買取に出しても、価値がないため、高額で買取してもらうことが難しいです。

鉄筋カッターの状態を確認しよう

鉄筋カッターの状態を確認しよう
鉄筋カッターはコード式と充電式がありますが、充電式の方が機械買取における価値が高い傾向にあります。 注意しなければならないポイントは、動作の安定感です。 動作中に、不安定になる鉄筋カッターは火花が散ったり切れなかったりすることがあります。 この場合、機械買取に出すことが難しいです。 動作が不安定な場合は、動作部分に機械油をかけて何回も動かしてみてください。 動作不良が改善する場合があります。 改善しない場合は、機械買取ができないでしょう。 鉄筋カッターのベアリングや油圧部分の確認をするために、中身を分解する人もいますが、分解した後は必ず元どおりに組み立てなければなりません。 中身は分解せず、自分ができる範囲で綺麗に掃除する程度にしましょう。 汚れがひどい場合は、買取額が下がってしまうことがあります。 また、オイル、風窓、溝の状態も機械買取のポイントです。 切れない鉄筋カッターを修理に出し、機械買取に出すことが可能ですが、機械買取の額よりも修理費の方が高くなることもあります。 修理した後に使用するのであれば問題ありませんが、切れなくなったあとに機械買取に出すのはおすすめできません。 少しでも高額で機械買取をしてほしい人は、ポイントに注意してみてはいかがでしょうか。